鹿児島の地元密着型の予備校で医学部合格を勝ち取る

将来は患者さんに頼られる医師を目指す

医学部 予備校 鹿児島 | メルリックス学院 – be Dr.(ビードクター)

父と母が医師で自分も医師になるものだと : 必ず1年で合格してみせると決意した : 将来は患者さんに頼られる医師を目指す

予備校では基礎から学び直し、応用力を身に付けるという授業が行なわれ、それまで自分が分かっているつもりになっていたところも一から学び直すことが出来たので良かったです。
センター試験対策、国立大学二次試験対策、私立大学対策と、それぞれに勉強法は異なりますが、いずれにしても医学部合格のために高い読解力、記述力、思考力を養う授業が行なわれ、課題が出されました。
大学受験の中でも最難関学部を目指して勉強していると、時々本当に合格することが出来るのか物凄く不安になる時もあり、恐怖感さえ覚えることもありました。
そんな時は同じく医師を目指す予備校の仲間たちの猛勉強ぶりを見て自分も負けていられないと思いましたし、両親の姿を見てこんなことで挫けるようでは医師になんてなることは出来ないと自分を奮い立たせていました。
チューターやよく質問に行く講師にもたくさん相談しましたし、不安になる時はたくさん話を聞いてもらうことが出来て本当に感謝しています。
そしてセンター試験は今度こそ納得の行く点数が取れましたし、二次試験までの間は予備校でみっちりと志望校への対策をして貰うことが出来ました。
記述の添削を事細かにして貰うことで、自分の弱点が無くなっていったと思います。
結果的に第一志望校に合格することが出来ました。
浪人生活は精神的に不安定にもなりますが、自分をとても強くしてくれた経験だと実感しています。
この経験と喜びを忘れず、将来は患者さんに頼られる医師を目指して今後は勉強していくつもりです。