鹿児島の地元密着型の予備校で医学部合格を勝ち取る

父と母が医師で自分も医師になるものだと

医学部 予備校 鹿児島 / メルリックス学院 – be Dr.(ビードクター)

父と母が医師であるということもあり、幼い頃から何も言われなくとも自分も医師になるものだと、当たり前のように思っていました。
祖父が開院した病院の後を継いだ父が母とともに医師として従事していましたが、両親とも多忙で寂しさが無かったと言えば嘘になります。
けれどそれ以上に、近隣の人々から両親が頼りにされているということは子どもながら誇らしく感じていました。
自分もいつか両親のような頼りにされる医師になるのだと思って、小中学生時代を過ごしてきました。
幸い小中学生時代の成績は良かったので私立の有名進学校に進みましたが、そこには自分よりも更に優秀な生徒が山のように存在していたので驚きました。
ただ優秀な友人達に追いつこうと一生懸命勉強したお蔭で高校時代も成績は悪い方ではなく、模試の判定や担任教師との面談で目標とする国立大学の医学部にも合格出来るのではないかと思っていました。
そうは言っても入試は一発勝負で、その日その時に実力を発揮することが出来なければ合格することが出来ません。

父と母が医師で自分も医師になるものだと : 必ず1年で合格してみせると決意した : 将来は患者さんに頼られる医師を目指す