レジャー感覚で楽しめる|ジギング船で人気の釣り場へ!ジギングをするなら船からがオススメ

ジギング船で人気の釣り場へ!ジギングをするなら船からがオススメ

釣り竿のリール

レジャー感覚で楽しめる

停泊している船

釣り堀というと昔の釣り人ならイメージできるかもしれませんが若い人にはピンとこないかもしれません。
管理釣り場はもともと自然にあった川や池を利用して、その場所を人工的に管理し釣りができる場所を提供する施設のことを指します。

管理という言葉が使われているだけあって魚の量もコントロールされています。
そのため釣りができるエリアにはいつも一定以上の魚が泳いでいます。

管理釣り場で放流している魚は主にマス(トラウト系)です。
場所によって微妙にルールは異なりますが、釣った魚は持って帰っても良いとしているところが多いです。(1人◯匹というのが施設によって異なる)

その他には針についている返しは潰しておかないといけない、餌釣り禁止など、ハウスルールが定められています。
しかし、そのルールもそれほど難しいものではありませんし、わからないことは行く前に問い合わせておけばいいでしょう。

管理釣り場は山の中腹など都市部から少し外れた場所にあることが多いですが駐車場も完備しているのでマイカーやレンタカーで気軽にいけます。
トイレや休憩所などの設備もあり、竿の貸し出しサービスもあるので家族でてぶらで行ったとしても気軽に釣りを楽しむことができるのです。

そのため、休日には子供を釣れたお父さんの姿を見ることも増えました。
アウトドア派のカップルがのんびりと釣りを楽しむ姿もあり、磯や防波堤とはまた違った空気があります。

こういった場をきっかけに釣りを好きになってくれるといいですね。